PR

風と旅人

スポンサーリンク

昔々、ある村に風神と呼ばれる神様が住んでいました。
風神は村の人々に恵みの風を吹かせて、作物を育てたり、
船を運んだりしてくれていました。
しかし風神はとても気まぐれで、時々強い風を吹かせて、
家を壊したり、木を倒したりしてしまいました。
村の人々は風神に感謝しつつも、恐れていました。

ある日、村に一人の旅人がやってきました。
旅人は風神のことを聞いて、興味を持ちました。
旅人は風神に会いたいと思いましたが、村の人々は
「風神は怒りやすく、人間を嫌っているから、近づかない方がいい」と
忠告しました。
しかし旅人は聞き入れずに、風神が住んでいるという山に向かいました。

山に着くと、旅人は風神の姿を見つけました。
風神は白い髪と髭をたなびかせて、ずっと空を見上げていました。
旅人は勇気を出して、風神に話しかけました。
「こんにちは、風神様。私はこの村に来た旅人です。
あなたのことを聞いて、ぜひお会いしたいと思いました」

風神は旅人の声に驚いて、振り返りました。
風神は人間を見ると、恐ろしい形相で怒りました。
「何だ、人間か。私のところに何の用だ。早く消えろ」と言いました。
そして、強い風を吹かせて、旅人を吹き飛ばそうとしました。
しかし、旅人は風に抵抗して、風神の前に立ち続けました。
「風神様、私はあなたに敵意はありません。私はあなたの力に感嘆しました。あなたはどうして風を操ることができるのですか。どうして人間を嫌うのですか。私はあなたのことをもっと知りたいのです」と言いました。

風神は旅人の言葉に驚きました。風神は人間が自分の力を恐れて、
敬うだけの存在だと思っていました。
旅人が自分に興味を持って、質問してくるのは初めてのことでした。
風神は少し興味を持ちました。
「ふむ、お前は珍しい人間だな。では、私の話を聞く代わりに、お前にも質問をする。お前はどこから来たのだ。どうして旅をしているのだ。旅で何を求めているのだ」と言いました。

旅人は風神の質問に答えました。
「私は遠い国から来ました。私は旅をして、世界の色々なものを見たり、
学んだりしています。旅で私は自分自身を見つけることを求めています」と言いました。

風神は旅人の答えに感心しました。
「お前は風のように自由で、好奇心旺盛だな。私も昔はそうだった。
私は風の神として生まれたが、風の神としての義務に縛られていた。
私はこの村の人々に風を吹かせることが仕事だった。
しかし、私はそれに飽きてしまった。私はもっと広い世界を見たかった。
私は人間の文化や思想に興味を持った。
だから、私は時々人間の姿に変身して、村に降りて行った。
人間と交流して、色々なことを学んだ。
しかし人間達は私の正体を知ると、恐れたり、妬んだり、
利用しようとしたりした。私は人間に傷つけられた。
私は人間を嫌うようになっていった。私は山に引きこもり
風を吹かせるだけの生活になった」と言いました。

旅人は風神の話に同情しました。
「風神様、それは辛いことでしたね。私は人間の中にも、あなたのように風を愛し、自由を求める人がいると感じています。私はそんな人たちと出会いました。私はあなたにもそんな人たちと出会ってほしいと思います。あなたは風の神としての役割を果たすだけでなく、風の神としての楽しみも見つけることができるはずです」と言いました。

風神は旅人の言葉に感動しました。
「お前は優しい人間だな。お前の言うことには真実があると思う。
私はもう一度、人間に対して心を開いてみようと思う。お前に感謝する。
お前には何か願いがあるか。私にできることなら、何でも言ってくれ」と
言いました。

旅人は風神に笑顔で答えました。
「風神様、私にはもう何も要りません。私はあなたと話せて、とても幸せです。私はこれからも旅を続けます。あなたも幸せな風を吹かせてください」と言いました。

風神は旅人に別れを告げました。
「お前は素晴らしい旅人だ。私はお前の旅を祝福する。
私はお前に特別な風を与えよう。この風はお前をどこへでも
連れて行ってくれるだろう。お前は自分の目的地を
思い浮かべるだけでいい。この風はお前を守ってくれるだろう。
お前は自分の夢を叶えることができるだろう」と言いました。

そして、風神は旅人に白い羽根を一本渡しました。
「これは私の風の証だ。これを持っていれば、私と繋がっていると思ってくれ。私はお前のことを忘れない。またいつか会おう」と言いました。

旅人は風神に感謝して、白い羽根を受け取りました。
「風神様、ありがとうございます。私もあなたのことを忘れません。またいつか会いましょう」と言いました。

そうして、旅人は風神と別れて、旅を続けました。
旅人は白い羽根を持って、風に乗って、世界中を旅しました。
旅人は風神の加護のおかげで、多くの国や文化や人々に出会いました。
旅人は風神に教えてもらったことを忘れずに、風を愛し、
自由を求める人たちと友情を結びました。
旅人は風神と同じように、人間の中にも善も悪もあることを知りました。
旅人は風神と違って、人間の中にも希望もあることを信じました。

やがて、旅人は年老いて、旅を終えることにしました。
旅人は風神に会いたいと思いましたが、
風神が住む山は遠く離れていました。
旅人は白い羽根を持って、風神のことを思い浮かべました。
すると、風が旅人を包み込んで、空へと運んでいきました。
旅人は風に感謝して、目を閉じました。

風神は旅人の気配を感じて、目を覚ましました。
風神は空から降りてきた旅人の姿を見て、驚きました。
「お前はあの旅人か。久しぶりだな。どうしてここに来たのだ」と
言いました。

旅人は風神に微笑みました。
「風神様、こんにちは。私はあなたに会いたくて、ここに来ました。
私はあなたにお礼を言いたかったのです。
あなたは私に風を与えてくれました。
あなたは私に自分自身を見つけることを教えてくれました。
あなたは私に素晴らしい旅をさせてくれました。
私はあなたに感謝しています」と言いました。

風神は旅人の言葉に感激しました。
「お前は偉大な旅人だ。私はお前の旅を見守っていた。
お前は風のように自由で、好奇心旺盛で、優しくて、勇敢だった。
お前は私にも風を与えてくれた。お前は私にも自分自身を見つけることを
教えてくれた。お前は私にも素晴らしい旅をさせてくれた。
私はお前に感謝している」と言いました。

旅人は風神に涙を流しました。
「風神様、ありがとうございます。私はあなたと友達になれて、
とても幸せです。私はあなたと一緒にいたいのですが、
私はもう長くは生きられません。私はあなたに別れを
告げなければなりません」と言いました。

風神は旅人の言葉に悲しみました。
「お前は死ぬのか。それは残念だな。私はお前ともっと話したかった。
私はお前ともっと旅したかった。私はお前ともっと風を楽しみたかった」と言いました。

旅人は風神に手を差し出しました。
「風神様、私もそう思います。私もあなたともっと話したかった。
私もあなたともっと旅したかった。私もあなたともっと風を
楽しみたかった。でも、私はもう風に乗れません。
私はあなたにこの白い羽根を返します。これはあなたの風の証です。
これを持っていれば、私と繋がっていると思ってください。
私はあなたのことを忘れません。またいつか会いましょう」と言いました。

風神は旅人の手を握りました。
「お前は優しい人間だ。私はお前の死を悼む。
私はお前にこの白い羽根を受け取る。これはお前の風の証だ。
これを持っていれば、お前と繋がっていると思う。
私はお前のことを忘れない。またいつか会おう」と言いました。

そうして、旅人は風神と別れて、息を引き取りました。
風神は旅人の遺体を抱きしめて、静かに泣きました。
風神は旅人を風に変えて、遥かなる空へと送りました。
風神は旅人の風と共に、世界中を旅しました。
風神は旅人の風と話しました。風神は旅人の風と旅しました。
風神は旅人の風と風を楽しみました。

風神と旅人の風は永遠に友達でした。
風神と旅人の風はやさしい風でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました